Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年6月13日(火)

安倍政権に審判を

各地演説会

市田・高橋・ふなやま氏 秋田


写真

(写真)声援に応える(左から)ふなやま、市田、高橋、藤本の各氏=11日、秋田県大館市

 日本共産党秋田県委員会と北鹿地区委員会、仙北地区委員会は11日、市田忠義副委員長・参院議員と高橋千鶴子衆院議員、ふなやま由美衆院東北比例候補を迎えて秋田県大館市と大仙市で演説会を開きました。両市とも市田氏が訪れるのは初めてです。

 総選挙で東北初となる比例2議席獲得へ力を尽くすことを訴えた市田氏は、国民の声を無視して「共謀罪」法案などを強行しようとする安倍政権を、前例のない問答無用政権と指摘。同法案を国民の内心を取り締まるものと明らかにした国会論戦を紹介し、正面から答弁しない秋田2区選出の金田勝年法相を批判。「国民世論と国会の論戦で、この悪法を廃案に追い込みましょう」と、藤本ゆり秋田2区候補への支援を呼びかけました。

 環太平洋連携協定(TPP)を出発点とした日米自由貿易協定(FTA)について、日本農業を壊滅させるものと指摘。「日本共産党の躍進で、対等平等の貿易と投資のルールをつくり、希望の持てる農業をつくりましょう」と訴えました。

 高橋議員は「私たちは政治を変える時代に、変える側で立っています。ともに頑張りましょう」と語りました。

 ふなやま候補は「参院選での野党、市民共闘のうねりを一緒にさらに大きくしましょう」と述べました。

 藤本候補が、金田法相を追い落とし議席を勝ち取る決意を訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。