Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年6月11日(日)

「党の魅力つかめた」

市田さん迎え党語る集い

青森2カ所


 日本共産党の市田忠義副委員長を迎えた「党を語る集い」が10日、青森県の五所川原(ごしょがわら)市と中泊(なかどまり)町で開かれました。

 党三役が訪れるのは初めての両自治体。「あの市田さんが来るのか」「話を聞いてみたい」など初参加の住民、議員経験者なども参加。両会場とも、椅子や座布団を追加で用意する盛況となりました。

 市田氏は、「共謀罪」法案や森友・加計学園問題、改憲発言など各分野で暴走政治を繰り返し、モラルを喪失、迷走する安倍政権の実態を告発しつつ、自主的に立ち上がる市民運動をはじめ、国民の世論と運動が安倍政権を追い詰めていると強調。

 「政治を動かす戦後かつてない新しい時代。ここに確信を持ち、野党と市民の共闘、党躍進で安倍政権に審判を」と訴えると、参加者が拍手で応えました。

 「共産党に入ってメリットがあるのか」「党名を変えた方がいいのでは」など会場から寄せられた質問、党綱領にも触れ一つひとつ丁寧に答えた市田さん。「歴史的な大激動の時代に、共産党と一緒に、羅針盤を持った生き方を」と入党を呼びかけました。

 党に入り参加した男性(27)は「党の魅力がつかめた。職場で党の仲間とともに力を発揮したい」と話しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。