Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年5月22日(月)

2017都議選

くらし最優先の都政に

市田氏 あぜ上さんの議席必ず

江東区


写真

(写真)声援にこたえる(左から)あぜ上三和子都議、市田副委員長、吉田年男衆院東京15区候補=21日、東京都江東区

 東京都議選(6月23日告示、7月2日投票)まで1カ月余りに迫った21日、日本共産党の、あぜ上三和子都議(江東区・定数4)の必勝をめざす演説会が江東区文化センターで開かれました。

 市田忠義副委員長・参院議員は、共謀罪の強行や森友・加計学園問題など、「歯止めがかからない暴走・倫理喪失の安倍自公政権に退場の審判を」と呼びかけ。超大激戦の江東区で、あぜ上さんの議席を何としても勝ち取ろうと訴えました。ユーモアを交えた演説に、満席の会場から笑いと共感の拍手が起こり、「わかりやすく面白かった」の声が上がりました。

 市田氏は、都議選の最大争点の築地市場(中央区)の豊洲(江東区)移転問題について、土壌や地下水の汚染は、専門家会議でも「環境基準以下にできない」としていることにふれ、「きっぱり移転の中止を求める、あぜ上さんに、党派を超えて支持を寄せてほしい」と訴えました。

 小池百合子知事の下で都政に前向きの変化が生まれる一方、自民・公明と一体に外環道など大型開発を推進している問題を指摘。「小池知事の姿勢を変えるためにも共産党がもっと議席を伸ばすことが必要だ」と強調しました。

 あぜ上氏は、平和・憲法を守り抜き、くらし最優先の都政の実現に全力を尽くす決意を表明。豊洲移転問題では、移転中止と築地の再整備を主張し、豊洲に建設された建物の活用について「英知を集めて都民の暮らしを豊かにするものにしていきましょう」と呼びかけました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。