Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 調査・懇談など

2017年7月19日(水)

鳥取中部地震 復興へ国の支援広げて

市田氏に被災自治体首長ら


写真

(写真)復旧・復興の課題について(右から)河野、石田、仙賀、西尾の各氏から話を聞く市田副委員長(左から3人目)ら=17日、鳥取県倉吉市

 日本共産党の市田忠義副委員長は17日、昨年10月の鳥取中部地震で最大震度6弱を記録した鳥取県倉吉市で、被災自治体の首長らと復旧・復興の課題について懇談しました。

 倉吉市の石田耕太郎市長、北栄町の西尾浩一副町長、湯梨浜町の仙賀芳友副町長、鳥取中央農業協同組合(JA鳥取中央)の河野正人代表理事常務が出席しました。

 石田市長は、党の大平喜信衆院議員が被災後すぐに現地で被害状況を聞き、国会で政府に対応を求めたことに謝意を表明。「半壊や一部損壊の世帯にも国の支援を広げてほしい」と要望しました。

 全壊13棟の北栄町から「被災家屋の半分は、今も屋根にブルーシートが掛かっている。工事が順番待ちの状況で、お金の問題もある」(西尾氏)と語られました。

 温泉地がある湯梨浜町からは「被災した宿泊施設の復旧は融資制度の活用が中心で、公的な支援が難しい」(仙賀氏)など制度上の問題点も指摘されました。

 河野代表理事常務は「ナシの選果場が被災し、約1億8千万円の被害が出た。春の大雪被害もあり、生産量と農家の所得を維持するための努力を続けている」と語りました。

 市田氏は「要求を正面から受け止め、他会派とも協力して復興のために力を尽くしたい」と述べました。

 党の市谷知子県議、佐藤博英倉吉市議、長谷川昭二北栄町議、増井久美湯梨浜町議が同席しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。