Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
『市田家累代の墓』〜ちょっといい話。  2021年12月31日

 祖父母、父母、兄などが眠る市田家の墓は、私が高校を卒業するまで過ごした滋賀県東近江市五個荘にある。(昔は神崎郡五個荘町清水鼻)
 滋賀県に住んでいた頃は、お盆には欠かさず母や兄弟一緒に墓参りに行ったが、故郷を離れてからは法事の時ぐらいだ。
 そろそろ私も自分の墓のことを考える年齢になった。特に5月に脳梗塞を発症してからは。
 そんなことを二、三日前に妻と話していたら、名古屋に住む長男から一枚の写真が送信されてきた。
 五箇荘の墓が綺麗に掃除され花が供えられている写真だった。自慢するわけでもなくただそれだけだった。
 シャイで無口な息子だがなかなかやるな、いいところがあるじゃないかと思った。
 息子の高校時代の友達が能登川町(五箇荘の隣町)に住んでいて、昨日そこを訪ねたついでに足を伸ばして墓を掃除し、花をたむけてくれたらしい。
 私は多忙にかまけて不義理をしているのに、いわゆる企業戦士で休みなく働き詰めの息子が、こういう心根の優しさをさりげなく発揮する。親バカだがなんだか嬉しくなる。
 「お父さんんは小さい時からお姉ちゃんばかり可愛がっていた」と成人してからポツリと私に呟いたことがあった。平等に接してきたつもりだったが、どうしても男親は娘を可愛がってしまう。
 その息子が、グレもせず、まっすぐで心優しい人間に育ってくれたことを頼もしく嬉しく思う。
 新しい墓をつくらず、少し辺鄙なところだが、この墓の方がいいかもしれないなと思ったりもする。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。