Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「不思議なことがあるものだ」  2021年3月17日

投稿してもさして意味もないのに、性懲りもなく自分の痛さを繰り返し呟いている。
神経ブロック注射も強い痛み止めの飲み薬も鍼灸もほとんど効かない(それぞれの関係者には大変失礼な物言いだが)。
ところが演説や講演中だけではなく痛みを感じない瞬間があることを発見した。
クラシックコンサートだ。今夜、もしかして、と思って日フィルの演奏会にいってみた。
不思議なことに演奏中は全く痛みを感じなかった。
演目はシューマンのピアノ協奏曲イ短調 作品54 とリムスキー・コルサコフの交響組曲「シェエラザード作品35」。
特に「交響組曲シェエラザード」は聴きどころ満載で舞台に釘付けになった。
要するに他に集中することがあれば痛みを感じないということなのだ。
でも四六時中何かに集中するなんて凡人にはとても無理。ではどうすればいいのか?

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。