Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「言うまいと思えど今日の〜」  2021年3月16日

亡くなった母がよく言った。夏の暑い日。
「言うまいと思えど今日の暑さかな」
読み人知らずの俳句か川柳らしいが言い得て妙だ。
この句に倣えば「言うまいと思えど今日の痛さかな」である。
この痛さはとにかく執念深いしひつこい。
コロナはさまざまな対策があるが政府が適切な手を打ってないだけだ。しかしこちらは打つ手がない。
関西には「日にち薬」と言う言葉もあるが私にとっては慰めに過ぎない。
「開けない夜はない」。こちらは演説や講演で言い続けている。
「共産党を除く」壁は崩れた。がんばっても頑張っても得票や議席に結びつかなかった時も「真理は必ず多数派になる」と未来を信じて歯を食いしばって頑張った。
その頑張りがあったから今がある。今は頑張りいかんでは共産党も加わった野党連合政権を実現できる可能性がある。
こんな頑張りがいのある時はない。
こういう演説をしているときだけは不思議と痛さを忘れる。
でも政治とヘルペスは別だ。もう4ヶ月も経つのにとにかく痛い。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。