Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「近畿から11年ぶりに女性衆議院議員を」  2020年11月22日

画像
『近畿ブロックに共産党の女性議員がいないのはおかしい』
兵庫県尼崎市の演説会に参加しました。
広いアルカイックホールは、密を避けつつ650人もの参加者の熱気に包まれました。
近畿ブロックの日本共産党の議席占有率は、定数28人中、穀田、清水の二議席ですから7.14%にすぎません。
東京ブロックの11.76%よりも少ない。尼崎市の市議定数は42人で党議席は6だから14.3%。その半分です。なんとしても4議席獲得で議席倍増をとの思いで開かれた演説会です。
近畿ブロックは以前党議席が7人の時代もありました。
女性議員も96年には石井、藤田、藤木と三人を擁していました。
兵庫はかつて安武、大沢、藤木、と三人の国会議員を送り出してきた伝統のあるところです。
ジェンダー平等を綱領に掲げる党として、近畿ブロックの女性衆議院議員がゼロでいいはずがありません。
小村潤(現職の尼崎市議)さんの勝利で、11年ぶりに近畿から女性衆議院議員を必ず。兵庫4人目の女性国会議員の実現を、の訴えに会場が湧きました。
過去の結果を調べてみると、近畿ブロックが躍進した時は、例外なく兵庫が近畿の平均を大きく上回る得票率を獲得しているのです。
「近畿と全国の躍進は兵庫の奮闘にかかっている」。これが参加者の共通の思いになった演説会でした。
参加者から43通もの感想アンケートが寄せられました。
嬉しいようなちょっぴり淋しく悲しい、いや、実に嬉しいこんな感想もありました。
「市田さんの選挙に向けての演説は、もしかして今回が最後かもしれない、(もちろん健康でいつまでも活躍を期待している前提です)と思い、昨日、天王寺(大阪のオンライン演説会)がネットになってしまったので、雰囲気を味わいと思い参加しました。
野党連合政権の実現をのためにも、できたあとの反動的攻撃を跳ね返すためにも、野党共闘の前進とともに日本共産党の躍進が不可欠だ。特に、この11月、12月の奮闘が大事で、その勢いが国民にびんびん伝わるような頑張りが求められている。
すぐに活動に踏み出そうと思える元気の出る話をありがとう、でした」。
大阪から参加された方のアンケートです。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。