Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「宮崎の共産党の心意気」  2020年11月15日

画像
体制上、様々な困難を抱えている日本共産党宮崎県委員会が、一日かけて「総選挙勝利を前面に、党員拡大を根幹にした党勢拡大を中心に」と題した学習交流集会を開いた。
日曜日の朝10時から午後四時までの長時間にわたる充実した集まりだった。
私も最初から最後まで参加。講演をさせてもらい討論を聞いて最後に感想を述べた。
宮崎は、県委員長(県議)、北部地区委員長(市議)、南部地区委員長(市議)とも議員との兼務だ。
これは機関の長が、政治的に物事を捉え、党指導に生かせる利点でもあるが、党運営上の困難さの要因でもある。
その困難を乗り越え、「支部が主役」で自覚的な党活動を主流にしていく努力の数々に教えられることが多かった。
宮崎でも政権奪取に挑戦する意気高い奮闘が始まっている。
来住県委員長が、党中央の会議で語った言葉を思い出した。
「コメの出来、不出来は、どれだけ田んぼに足を踏み入れたかによって決まる」。
日夜苦労しながら頑張っている党支部に、党機関が心を寄せ、畦道でなく田圃(支部)にどれだけ足を踏み入れて援助するか。
そのことを考えさせられる一日だった。
会議参加者の感想アンケートを読むと、みんな大事なポイントを理解していただいたようで嬉しい。
「誰も行かない集落で演説会を!」
この県委員長の要望にも応えたいと思った。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。