Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
『鈴木瑞穂・93才』  2020年11月10日

画像
俳優の鈴木瑞穂さんのお連れ合いが10月に亡くなった。故・光枝夫人は88才。女優の高田敏江さんは光枝さんの実の妹さんにあたる。
「63年間のパートナーでした。心にポッカリ穴が空いた感じです」という喪中ハガキが、昨日、瑞穂さんから届いた。
今日、友人とともに川崎のご自宅に弔問に伺った。
93才で一人暮らしになった瑞穂さんを激励しようと思っての弔問だったが、実に意気軒昂、演劇界のレジェンドに圧倒された。
息をもつかせぬ一時間半、こちらが体調を案じるほどだった。(瑞穂さんは2年ほど前に心臓の大手術で生死の境を彷徨われた)
次から次へと迸るように出てくる言葉。まるで迫真の演技を見ているような錯覚に陥る。
中村翫右衛門、千田是也、東山千恵子、杉村春子、宇野重吉、滝沢修、北林谷栄、山本薩夫、熊井啓、奈良岡朋子、太地喜和子、栗原小巻、山内明、北村和夫、早川昭二、北大路欣也、野村萬斎、等々。競演したり交流のあった人々の名前と思い出も次々と。記憶力抜群。
随分前に出演した芝居や映画の自分のセリフまで覚えておられて、その再現を目の前で聞くこともできた。
大病を患われたのに、ハリのあるバリトンの声も、表情も、身振り手振りも、以前と全く変わらない。
さながら日本演劇史の講義を聞いている感じがする至福の一時間半だった。
「そのうちに一杯やろう」と言われてご自宅を辞した。
瑞穂さん、どうかいつまでもお元気で。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。