Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「ちょっとショックな、でも嬉しいできごと」  2020年9月21日

若いカップルの方から、満員の都バスの中で「どうぞお座りください」と席を譲られそうになりました。
「いえ、結構です」と即座に断りました。でもしばらくしてちょっと考え込みました。親切を無にしてしまってかえってまずかったのじゃないかと。
席を譲られそうになったのは生まれて初めてです。二十歳前後の爽やかなカップルから声をかけられ、ちょっとショックだったのです。
純然たる公務以外は公共交通機関を利用するようになって数年になりますが、こういう声をかけられたことは一度もなかったからです。
自分では「まだ若い人に席を譲ってもらう年ではない」と思っていましたが、他人から見ればしょぼくれた老人に見えていたのだと思います。
もっと自分の年齢(77歳9ヶ月)を自覚しないとダメだなと思うとともに、嬉しくもありました。このカップルは絶対うまくいく、と勝手に想像しました。
高齢者や身重の女性が目の前に立っていても席を譲ろうともしないで、一人で二人分の席を独占しているような人を時々見かけるからです。
ちょっとショックで、でも嬉しい「敬老の日」でした。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。