Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「決着は総選挙で」  2020年9月9日

「ご指摘は当たりません」「全く問題ない」「法に則って適切に対応している」と、木で鼻をくくったような、まともに質問に答えない応答は得意だったが、総裁選での具体的政策論の討論になると、目が泳ぎ、顔が引きつってイライラして、メモを見てもほとんどまともに何も言えないない人が、優勢だと言われている。
安倍政治が行き詰って退陣せざるを得なかったのに、その安倍政治を絶賛して、継承すると言ってる人が優勢だと伝えられている。
浪花節的なお涙頂戴式の苦労物語は得意でも、モリ・カケ・サクラはもう済んだことと言い放ち、赤木さんの無念な自死とパートナーの告発にも心を寄せず、再調査もしらっとして拒否する人が優勢と伝えられている。
これだけ格差と貧困が拡大し、富める人はますます富み、貧しき人々はますます貧しくなっているのに「アベノミスクは正しかった」と宣う人が優勢だと言う。
安倍首相が退陣しても第二の安倍首相の誕生では意味がない。
決着はやはり総選挙でつけなければならない。
市民と野党の共闘、日本共産党の躍進で、自民党政治に変わる「国民が主人公」の新しい日本を。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。