Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「コロナ禍と国民意識の激変」  2020年8月16日

画像
「共産党の中央委員会に『しんぶん赤旗』を自ら申し込んだ若い人が、その後の結び
つきと働きかけで入党」
お盆のさなかの今日、午前10時からある首都圏の地区委員会主催の「『特別月間』の
経験交流・学習会」に参加した。
万全の感染症対策をとった交流会は、教訓的で豊かな経験が語りあわれて参加者の力
になったと思う。
五人の人が発言した。みんな教訓的だったが標題の話が興味深かった。
コロナ禍のもと国民意識の激変を実感させられる。
中央委員会に直接日曜版の購読を申し込んだ20代の女性。「リゾートバイト」の仕事
をしているこの人は日本だけでなくアジア各国にも足を運ぶ。
そこで感じたのは、日本より貧しい国なのにみんな明るくて前向き。なのにどうして
日本人は不幸そうに見えるのか?どうしたらハッピーになれるか、といろいろ考えツ
イッターで調べていたら日本共産党が一番まともだったので「赤旗」を申し込んだ。
その後、地域の党支部がその人と結びつきを強め、志位和夫委員長の創立記念講演も
リアルタイムで視聴し、自己責任論や新自由主義批判に共感して入党されたという。
ほかにも教訓的な発言が続き、その後の私の講演の必要がなくなるくらい勉強になっ
た。
暑い日だったが、それを忘れるくらいの交流会だった。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。