Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「馳星周」  2020年8月21日

画像
8月23日付けの「しんぶん赤旗」に『少年と犬』で直木賞を受賞した馳星周が登場。

最後のページの一面ほとんどを使った「ひと」欄に。

多くの人が投稿しているが私も読んで「ウーン」とうなった。

実は私は馳星周の作品は全く読んでいない。よし、読もうと思った。

「日本は弱者を切り捨てる方向にずっと突っ走っている。もっと多くの人が弱い立場の人に寄り添うことができれば、幸せな国になるんじゃないか」

コロナ危機についてはこう語る。

「人間の強欲さが、どこかにいたウイルスを引っ張り出してきたと思うんです。次から次へと消費して、カネを稼ぐ、資本主義のシステムは、どこかでやめにしなければいけない。いいかげんにやめろよと地球に言われている気がします」

馳氏は、お母さんに頼まれて「赤旗」日曜版の配達を手伝っていたこともあるという。

お母さんは元教員、お父さんは共産党の北海道浦河町議をつとめたこともあるらしい。

ビックリ!だ。

「しんぶん赤旗日曜版」をまだお読みでない方はこれを機会に是非ご購読を。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。