Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「関根潤三」  2020年4月10日

八の字眉と柔和で穏やかな語り口が好きだった。

近鉄で選手として活躍するとともに、大洋やヤクルトで監督を務めた関根潤三が亡くなった。

元祖二刀流である。近鉄時代、ピッチャーとして65勝を挙げ、打者としても1137本のヒットを打った。

強打者というより確実性の高い好(巧)打者で頭脳派の、玄人好みのするいい選手だったことをよく覚えている。

監督時代は選手の個性を大事にし、伸び伸びプレーすることを推奨した。「三振しても俯いて帰ってくるな」と励まし、ブンブン丸と言われた池山をホームランバッターとして大成させた。

野球の監督と政党のリーダーとは違うが、京都時代、「組織の指揮官は斯くあるべし」とよ考えさせられた。

引退後の野球解説がまたよかった。表情そのままの、わかりやすく穏やかで、的確、鋭い解説と語り口は絶品と言ってもいい。

八の字眉と穏やかなものいいは、関根の人となりを表しているように思う。

巨人の元監督長嶋は、当時ヘッドコーチだった関根のことを「とても温厚な人柄で、みんなに慕われていた」とその死を悼んだという。

93歳。また一時代を画した人が亡くなった。合掌。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。