Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「官房長官に申し入れ。文化の灯を消すな」  2020年3月31日

画像
超党派の文化芸術振興議員連盟(会長・河村建夫自民党衆議院議員)は、議連の総会で確認した決議文(新型コロナウイルス感染拡大防止に係る文化イベント自粛要請に関する緊急決議)を持って官房長官に申し入れしました。

私は席上次のように発言しました。

「自粛要請はそれに伴う損失補償とセットで提起してこそ実効性をもつ。損失補償なしには自粛しようにもできない。
総理は会見で、融資・貸付だけでなく『給付』についても言及したが、問題は対象と金額だ。イベントの自粛に伴う損失を税金で補償するのは難しい、ともいわれ関係者はがっかりしている。
イギリスはフリーランスを含め月額33万を上限に所得の8割を補償することになっている。こういう思い切った損失補填をしないと文化の灯が消える」。

菅官房長官は「承った。文化芸術関係者の深刻な実態は理解している」と応じました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。