Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「第28回党大会終わる」  2020年1月18日

画像
日本共産党の第28回大会が5日間の日程を終え、今日最終日となりました。

多くのかたが投稿しておられるので、詳しい内容は省略します。

私は30 代だった12回大会(1973年)以降、77歳の今回まで毎回代議員として参加しているので17回目の大会参加になりました。

いつの大会も心揺さぶれる内容でしたが、今回はまた格別でした。

党の大会に他の野党の幹部が参加してご挨拶をいただく。こんな時代がくることを誰が想像できたでしょうか。
古い友人とともに新しい市民団体の代表もご挨拶いただきました。

「共産党を除く」時代が長く続いただけに感無量でした。

討論がまた圧巻でした。私は幹部団の一員でしたから、否応無しに参加者の前に顔を晒さなければなりまでん。

テレビドラマや映画でもすぐ泣くタイプの人間。大地に根を張った「普通」の人々の地道な活動経験と、議案を深める真摯な討論態度にポケットから何度ハンケチを取りだしたかわかりません。

こういう人々によって党は支えられているのだと思いました。

省略すると言いながら、つい、いろんなことを書き出してしまいました。詳細はぜひ「しんぶん赤旗」や党のホームページをご覧ください。

市民と野党の共闘は、三年前の党大会よりもうーんと深化しました。

「距離が縮まった」「国会共闘と選挙協力のその先に、自然と政権が見えてくる」。「共産党が提唱している、立憲主義、格差是正、多様性の尊重、という三つの目標は完全に一致する」。こんな他野党の発言が相次いだのです。

共闘に力を尽くすとともに、党の値打ちと政策を堂々と語って、「市民と野党の共闘の発展」と「日本共産党の躍進」の二つの大仕事をやり遂げたいと決意を新たにしました。

世界をどう見るか、中国の現状の評価、ジェンダー平等の実現、発達した資本主義国での社会変革こそ、社会主義・共産主義への大道という綱領の一部改定を力に生ある限り地道にがんばり抜こうと思います。

三たび副委員長に選出されました。微力だが無力でない、と自分に言い聞かせ、今まで行ったことのない地方、全国どこにでも足を運び、綱領と党を語り、日本の未来を語り抜いて行こうと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。