Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「休日」  2018年12月1日

画像
今日から師走。土曜日なのに珍しく遊説もなく自宅にいる。
妻も一日中外出。こんな日は何もせずゴロゴロしているのが体にいいと聞いたので、プールにも散歩にもいかず、本も読まずぼやっとしている。

ただ、こういう日もなく頑張っている人もいる。
ちょっとバチが当たるかもしれないがお許し願いたい。

テレビのスイッチをひねったら、「子供たちに伝えたい美しい日本の歌」という番組をやっていた。

ナレーションは懐かしい小宮悦子。歌うのは「びわ湖ホール合唱団」などプロの声楽家ばかり。「冬の星座」やわたしの好きな歌ばかりで、ストレスが少し解消できた。

チャンネルを変えたら「古賀政男」特集をやっていた。「酒は涙かため息か」「影を慕いて」「東京行進曲」。全部藤山一郎の歌。ところが今日は現代の歌手が歌っていた。みんな上手いのだが藤山にはとても及ばない。

いま「人生の並木道」「湯の町エレジー」「サーカスの歌」「たれか故郷を思わざる」をやっている。しかしデイックミネでも近江俊朗でも松平晃、霧島昇でもない人が歌っている。
やむを得ないが、やはり物足りないし淋しい。

演劇界のレジェンド、卒寿の鈴木瑞穂さんが「資本論」を原書(ドイツ語版)で再学習をしておられるという話を最近耳にしたが、すごいと感心するとともになるほどと思った。

さて、年内は埼玉・伊奈町、北海道・北見市、京都・城陽市、香川・高松の演説会で今年の地方遊説は打ち止め。

数えてみたら昨日まででこの一年、51箇所の演説会・集いに出たことになる。

これが元気の源かもしれない。

あともう一踏ん張りだ。国会、野党共闘の前進、遊説、党勢拡大、………まだまだやらねばならないことがいっぱいある。

やっぱり師走はお坊さんだけでなく、みんな忙しく走り回る月だ。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。