Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「金足農業と党勢拡大」  2018年9月13日

画像
今日は秋田での「党員拡大学習・交流会議」に参加しました。

冒頭、私は次のように切り出しました。
「秋田は金足農高と近藤忠義で一躍有名になりましたが、今度は党員拡大で有名になって欲しいと思って寄せていただきました。実はかなり前になりますが、党員拡大でも有名になったことがあるのです。一つの支部で100人も新しい党員を迎えた『下新庄金足支部』の発言が党大会の会場を沸かせたことがあったのです」。古い党員が多くみんな、そうだったなあという顔つきで頷いておられました。

発言はいずれも教訓的でした。85歳の支部長さん。いきなり母校金足の校歌の一節を歌われたのにはみんなびっくりしました。「道を拓かん〜」は党活動に通じるというのです。

「支部長と言っても私一人。ガンで三人、老衰でひとり、交通事故で一人亡くなり、私一人になりました。最近ようやく一人増やしました。
体力も気力も衰えたので、もうそろそろ党活動を一服しようと思っていましたが、記念講演を読み始めたらやめられず一気に読んで元気になりました。しかし日が経って、また少し気力が衰えたので今日の会議に来た。また元気になった。党員を増やし、一服どころか一生涯頑張り抜く」。大きな拍手が鳴り止みませんでした。

一つ一つ紹介しませんが珠玉のような発言が相次ぎました。

質問や感想アンケートは数十通出されましたが、全員が前向きで、よしやるぞ!という決意に満ち溢れていました。

片道4時間かけた日帰りでしたが、確かな手応えがありました。

今晩からの変化が楽しみです。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。