Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「麻生氏につける薬はない」  2018年5月9日

画像
「麻生氏につける薬はない」ー 辞任するしかない。

9日付け朝日の社説は極めて真っ当だ。お読みになった方も多いと思う。

「なぜ首相は黙っている」というタイトル。「安倍首相は、いつまで麻生財務相を放任するのか。
前財務次官のセクハラ問題をめぐる一連の言動をみれば、麻生氏に対して、国民が信頼を寄せられないのは、もはや明らかだ。その氏をかばい続ける。それは、政権そのものがセクハラに寛容であることを、広く国内外に宣言するに等しい。」

「麻生発言への認識を問われた菅官房長官はきのう、『麻生大臣に聞いてほしい』と言葉を濁すばかりだった。」

「安倍首相も、麻生氏には何の苦言も呈さない。これも異様だ。」

弱すぎるくらいの指摘だが、全国紙の社説としては真っ当な内容だ。

まるでセクハラ容認内閣、といった状況。今日、財務省幹部を対象にした「セクハラ研修会」が、菅谷貴子弁護士を講師に行われたそうだが、真っ先に研修を受けるべきは麻生氏であり、安倍内閣の閣僚全員だろう。

「馬鹿につける薬はない」という言葉があるが、辞書によるとその意味は「考えが足りなく、愚かな人はどうやっても救いようがない」「病気は薬でも治るかもしれないが、愚か者には付ける薬はないのでどうすることもできない、ということ」とある。

副総理、財務大臣を馬鹿呼ばわりするつもりはないが、誰かにぴったりな言葉であることは間違いないだろう。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。