Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「広島や卵食ふ時口ひらく」  2017年11月28日

画像
今朝の日経のコラム『春秋』欄はなかなか味があって読み応えがある。

この句は西東三鬼の作。コラム氏によると、1946年、広島を訪ねた時に詠まれた。当時米占領当局の検閲は厳しく、広島を題材にした三鬼の連作の多くは削除を命じられた。

三鬼は、広島の惨状を目の当たりにして沈黙するしかなかった。

だが、三鬼は「ようやく口を開く。それは語るためではない。一個のゆで卵を食べるために。」

そこから話は、日本政府の核兵器禁止条約に対する姿勢に進む。日本は唯一の戦争被爆国なのに国連で採択されたこの条約には賛成しなかった。

「条約採択に貢献した非政府組織が今年のノーベル平和賞に決定した際、居心地の悪さを感じた人も多いはずだ。三鬼が開けた、ゆで卵ひとつ分の口の空洞を思い描く。世界の複雑さに耐えつつ、私たちの口から未来への言葉を紡いでいかねばなるまい。」

それぞれの新聞には固有の社論のようなものがある。だが、ページや欄によっては、「えっ、どうしてこんな記事がこの新聞に?」と驚くことがある。

このコラム氏は公然とは日本政府の姿勢を批判していない。「核保有・非保有国双方の」「溝を埋める役割が期待される」などという首肯できない主張もある。

 しかし三鬼の句を引用しながら、政府の姿勢を暗に批判しているところが、胸に響く。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。