Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「理念・政策の違いと政党間の共闘について考える」  2017年9月2日

かなり以前にも同じ趣旨の投稿をしたことがあるが、それぞれの政党は、理念と政策が違うから別々の党をつくっている。だから、当然、綱領も党名も違う。それが全て同じだったら、同じ党のはずだ。
各政党が、共闘のためにそれぞれの理念や政策を捨てる必要はない。逆に、それを何よりも大切にして頑張ることは政党として当たり前のことだろう。

その上で、政党間の共闘、選挙協力についていえば、それぞれの党の理念や政策の違いをお互いに認めあいつつ、当面する大事な課題のために、その違いを脇に置いて 、一致点に基づいて行うものである。政権についても考え方の基本は同じである。
例えばわが党は「野党連合政府」の政権合意の中に安保条約廃棄や、自衛隊違憲論など、党独自の考えや政策は持ち込まないことをすでに何度も明らかにしている。

しかも4野党間にはすでに1,安保法制廃止、立憲主義回復、2,アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正する、3,TPPや沖縄問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない、4,安倍政権のもとでの憲法改悪に反対する、という重要な党首間の合意がある。

これらの合意を大事にし、さらに豊かにしていくための話し合いが重要ではないだろうか。

理念・政策の違いと政党間の共闘、選挙協力はなんら矛盾しない。

安倍政権の暴走と隠蔽、強権政治を打破して、立憲主義を取り戻し、個人の尊厳を何よりも大事にする新しい政治を実現するために、いまこそ「大異」を留保し「大同につく」ことが求められている。

それが、この間の市民の運動と世論に応える道であり、政党としての責任だと考えて奮闘してゆきたい。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。