Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「センシャウ」  2017年7月7日

画像
Y新聞もページや欄によってはなかなか勉強になる。特に朝刊一面の「編集手帳」。このコラムの特徴は俳句や短歌の引用が多いということ。

筆者自身が、いつかどこかで、「字数が限られているこのような欄では俳句・短歌の引用は便利でいい」といった意味のことを書いておられたように思う。

ところで「センシャウ」。七夕の前日に降る雨のことを言うのだそうだ。この欄で初めて知った。

さて、どういう字か。「洗車雨」と書く。「牽牛は翌日に織女と逢う準備で、乗っていく牛車を洗う。その飛沫が雨となって地上に降るのだという」とある。

この文章がこれだけだったら単なる物知りで終わってしまう。

筆者は、九州北部を襲った記録的な豪雨に想いを馳せ 「住民にとっては、生活を根こそぎ破壊する"戦車雨"であったろう。まだ安否の知れぬ人たちがいる」と筆を進め、「恋愛、仕事、学業……、その他どんな願い事も、命あってのことである。〈七夕竹惜命の文字隠れなし〉(石田波郷)。顔も名前も存じ上げない、どなたかの命。その一文字が、これほど胸に痛い七夕は記憶にない。」と締めくくる。

名文とはこういう文章のことを指すのだろう。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。