Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
→目次ページへ戻る
市ちゃんの徒然なるままに
「今日の毎日・夕刊が面白い」  2017年2月17日

画像
読まれた方も多いだろうがが毎日新聞の夕刊が実に面白い。

同紙の夕刊「特集ワイド」は時々ハットさせられ、惹きつけられることがある。今夜がそうだ。

「首相が語らない結果とは 安倍政権4年の『不都合な真実』」というタイトルの特集だ。

「政治は結果がすべて」。安倍首相のお好みのフレーズ。

では結果はどうか。

安保法で抑止力がさらに高まる。数値としてあげた根拠はスクランブル回数。しかし回数は法成立後の方が増えている。

よくあげる経済指標はどうか。「3年連続の賃上げの実現▼名目国内総生産44兆円増▼有効求人倍率が全都道府県で1倍超え▼正規雇用も増加▼企業倒産は26年ぶりの低水準」ーと明るい話だらけ。

事実はどうか。デフレではないというが全国消費者物価指数は前年比0.3%減の99.7。家庭の台所は2年連続減だった家庭の消費支出が昨年も減っている。 実質賃金は2015年まで4年連続の下落。

有効求人倍率の上昇は、人口減で求職者が減っているから。企業倒産は減っているが、休廃業・解散は過去最高になっている。

「前政権を批判しても課題は解決されない」と言っていたのは誰か。四年前、政権に復帰した時の安倍首相その人である。

「過ちを改めないことが、すなわち過ちである。今こそ『結果』に向き合うべきだ。」

一読に値する記事だ。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。