Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年8月6日 記者会見
■民主の離脱は3党合意路線の破たん
市田書記局長が強調

 日本共産党の市田忠義書記局長は5日、国会内での記者会見で、民主党が社会保障制度改革に関する自公民の3党実務者協議から離脱する方針を固めたと報じられていることについて問われ、「3党合意路線の破たんだ」と強調しました。

 市田氏は、3党実務者協議は、国会で消費税増税法案が強行されたときに、増税は“社会保障の拡充”のためだとして、社会保障国民会議とともにできたものだと指摘。

 社会保障国民会議では、保育への公的責任の投げ捨てと株式会社の参入▽医療費窓口負担の70歳から74歳までの引き上げ▽税金投入をやめ国民健康保険料の事実上の引き上げ▽年金の支給開始年齢の先延ばし▽介護保険の改悪―が打ち出されたことを紹介し、「社会保障の拡充どころか切り捨てと改悪ばっかりであり、政府はこれ以上のことをいまやろうとしているわけだ。民主党の離脱はそういう3党合意路線の破たんと言ってもいい」と強調しました。

 一方で市田氏は、「消費税増税を強行したうえで、何の反省もなしに、ただ離脱したからそれで責任を免れるというものではない」と民主党の対応を批判しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。