Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年5月14日 記者会見
■維新の存立が問われる
市田書記局長が会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=14日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=14日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は14日、国会内で記者会見し、日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)の旧日本軍「慰安婦」問題をめぐる一連の発言について、「これほど人間の尊厳を踏みにじる発言を聞いたことはない。首長の資格はもちろん、国政を語る資格もまったくない。人間としても許されない」と厳しく批判しました。

 橋下氏は13日に「慰安婦制度は必要だ」と述べたあとも、ツイッターで「人間に、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要」などと居直っています。

 市田氏は「失言ではない。持論をのべたものだ」と指摘。維新の石原慎太郎共同代表も「軍と売春は付き物だ」と同調し、松井一郎幹事長(大阪府知事)も「(慰安婦制度が)必要とされていた」と橋下氏と同じ考えを表明していることをあげ、「共同代表2人と幹事長がともにこういう発言をするのは、日本維新の会という政党の存立そのものが問われる重大問題だ」と厳しく批判しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。