Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年5月13日 記者会見
■“戦後の世界秩序否定”
首相の侵略定義発言 市田氏が批判

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=13日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=13日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は13日の記者会見で、安倍晋三首相が「侵略の定義は定まっていない」とのべたことに対して国際的批判が広がっていることについて聞かれ、「戦後の世界秩序を根本から否定するものであり、絶対に許されない」と強調しました。

 市田氏は、戦後世界は、日本などの侵略戦争を否定して国連憲章がつくられ、日本もポツダム宣言でこれを受け入れて再出発したことをあげ、「中国や韓国などが怒りを表明するのは当然のことであり、日本がアジアと世界で生きていく地位を失うことになる」と批判しました。

 市田氏は、安倍首相の姿勢は、田中角栄首相が「後世、史家が評価することだ」と述べた40年前まで逆戻りするものだと指摘。村山首相談話でともかくも侵略と植民地支配を「国策の誤り」と認めたことにふれ、「逆戻りさせることは許されない。発言を撤回して謝罪すべきだ」と強調しました。

 さらに市田氏は、安倍首相がねらう憲法96条(改憲の発議要件)改定について聞かれ、「一番のねらいは9条改憲のためにハードルを低くすることだが、96条は単なる手続き規定ではない。改定すれば憲法が憲法でなくなってしまう」と強調しました。

 市田氏は、主権者である国民が権力者を縛るという立憲主義にもとづいて、時の権力者の思惑で勝手に変えられないようにどの国もハードルを厳しくしていることに言及。そのため“憲法のイロハも知らないのか”と9条改憲の立場に立つ人からも厳しい批判があがっていることをあげ、「96条改定を許さない一点であらゆる政党・政治家、団体、個人とも力を合わせて阻止するために全力をあげたい」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。