Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年5月13日 記者会見
■「もんじゅ」廃炉すぐに
停止命令方針報道 市田氏が強調

 日本共産党の市田忠義書記局長は13日、国会内の記者会見で、高速増殖炉「もんじゅ」の使用停止を原子力規制委員会が命じる方針を固めたとの報道について、「動かす余地など全くなく、停止命令が出るのは当然だ。運転停止にとどまらず、直ちに廃止すべきだ。無謀なプルトニウム循環方式から直ちに撤退すべきだ」とのべました。

 市田氏は、「もんじゅ」が1995年の試験運転直後にナトリウム漏れ事故を起こし、2010年にも運転再開直後に事故を起こしたことをあげ、「原子炉はもともと危険なものだが、『もんじゅ』はもっとも危険な原子炉だ」と指摘し、速やかな廃炉以外にないと強調しました。

 さらに市田氏は、自民党が原発再稼働を参院選の選挙公約に掲げることについて、「国民の安全を顧みず、国民多数の“原発ゼロ”の願いに真っ向から挑戦するものにほかならない」と批判し、「日本共産党は、再稼働撤回と『即時原発ゼロ』の政治決断を行うことを掲げて選挙戦でも国会論戦でもたたかっていきたい」と語りました。

 自民党が再稼働について「安全性が確認されたものから」としている点について市田氏は「福島第1原発事故は収束もしていないし、事故原因も定かでないし、汚染水も漏れ続け、処理方法もない」と指摘。「国会で日本共産党から追及を受け、世界最高の『安全基準』という言葉が使えなくなって『規制基準』と言うようになった。そこまで追い込まれている時に、再稼働を公約にすることは許しがたい」と批判しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。