Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年4月24日 記者会見
■靖国参拝 日本の地位失う
市田氏 「やってはならない行為」

 日本共産党の市田忠義書記局長は24日の記者会見で、3閣僚と168人の国会議員が靖国神社に参拝したことについて見解を問われ、「日本がアジアと世界で生きていく地位を失うことになる。やってはならない行為だ」と厳しく批判しました。

 このなかで市田氏は、靖国神社は日本の侵略戦争を「自存自衛」の正義の戦争だったと宣伝し続けている特殊な神社だと述べ、「閣僚や国会議員が参拝することはその考えにお墨付きを与えることになる」と指摘。

 そのうえで、日本が侵略戦争を反省し、日本国憲法を制定して二度と「戦争はしない」「軍備はもたない」と誓ったのは国際公約だと強調。憲法99条によって閣僚も国会議員も憲法尊重・擁護義務を負っていることを示し、「これを守るのは国会議員の責務だ」と指摘しました。

 市田氏は、「植民地支配と侵略」を認めて謝罪した1995年の村山富市首相(当時)談話について、安倍晋三首相が「安倍内閣として、そのまま継承しているわけではない」と答弁したことについて問われ、「アジアの平和的な関係を壊していく、重大で危険な発言だ」と厳しく指摘しました。「歴史に向き合い、侵略戦争と植民地支配の反省の上に立ってこそアジアとまともなお付き合いができる」と述べました。

 市田氏はさらに、安倍政権が改憲の手続き要件を定めた憲法96条を変え、憲法改定のハードルを引き下げることについて、国民主権の立場に立って国家権力を縛るという立憲主義の根本を覆すことになると指摘し、憲法の個々の条文についての意見の違いを超えて「“96条を変えるのは論外だ”という一点で一致する、いろんな政党・政治家・団体・個人と大いに力を合わせて頑張りたい」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。