Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年3月25日 定例記者会見
■絶対許されない暴挙
市田氏 辺野古埋め立て申請批判

 日本共産党の市田忠義書記局長は25日の記者会見で、安倍内閣が沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設の埋め立て申請を強行したことについて、「国民の命や暮らし、安全よりもアメリカの意向を尊重するひどいやり方で、絶対許されない」と批判しました。

 市田氏は、沖縄県の知事と県議会、全41市町村長・議会など“オール沖縄”で普天間基地の撤去を求め、新基地建設に反対していることを指摘。埋め立て申請は“オール沖縄”の声を踏みにじるものであり、「これで民主主義国家といえるのかという暴挙だ」と強調しました。

 さらに、日米両政府が「基地負担軽減」を口実に新基地建設を押し付けようとしていることに言及。新基地に2本の滑走路と大型艦船が接岸できる大きな港湾や弾薬搭載エリアまでつくるものだと告発し、「単なる『移設』ではなく、巨大な新しい基地の建設だ。軽減どころか基地負担の新たな強化だ」と述べました。

 また、新基地建設と引き換えに嘉手納基地以南の米軍基地返還を計画しようとしていることについて、辺野古への新基地建設問題とは全く別問題とすべきであり、速やかに返還を行うべきだと述べました。

 市田氏は、日米同盟の「抑止力」を口実に新基地を押し付けようとしていることも批判。海兵隊は日本防衛のためではなく、海外に出ていく“殴りこみ部隊”だと指摘し、米軍の「侵略力」を強化するための新基地建設は絶対に許されないと強調しました。

 市田氏は、申請を強行しても矛盾をいっそう広げるだけであり、たたかいはこれからだと指摘。新基地建設反対、普天間基地無条件撤去を掲げて、県民、国民と連帯し奮闘する決意を表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。