Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年2月25日 定例記者会見
■“公約投げ捨て許されない”
市田書記局長 TPPなどで集中審議要求

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=25日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=25日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は25日の記者会見で、日米首脳会談で安倍晋三首相が対米誓約した環太平洋連携協定(TPP)、普天間基地問題などの重要な問題について、「衆参両院予算委員会で十分時間をとった集中審議をやるべきだ」と表明しました。

 市田氏は、「日米共同声明を読むと、関税撤廃の例外や聖域を認めたというのは事実ではない。『全ての物品が交渉の対象とされる』と明示されている」と指摘。交渉参加国間の合意事項である「TPPの輪郭(アウトライン)」で示された包括的で高い水準の協定を達成していくことも確認していると強調しました。

 その上で、共同声明は、“モノをいいたかったら交渉の場でいえ”ということを確認しただけであり、何の保証にもならないと批判しました。

 市田氏はTPP問題について、自民党は総選挙公約で6項目を公約したが、どの項目についてもなんら確約は取れていないことになると強調し、「いったいどういう日米(首脳)会談だったのかをきちんと議論をすべきだ」と主張しました。

 市田氏は、JA全中(全国農業協同組合中央会)の萬歳章会長が交渉参加反対の声明を発表し、地方のJAからも怒りの声が殺到していると述べ、「民主党の公約違反も非常にひどいものだったが、同じことを自民党がやれば、選挙で同じ結果を招くだろう」と指摘。「TPPは農林水産業だけではなく、食の安全から医療、雇用などさまざまな分野で国民の暮らしや国のあり方まで変えてしまうような大問題だ。それを国民と国会の場での了承を得ずに、日米首脳会談で事実上の交渉参加を約束してくるというやり方は、民主主義の点でも重大だ」と批判。予算委員会の集中審議などで徹底して追及していくと述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。