Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年12月3日 記者会見
苦難あるところに共産党あり
自由報道協会 市田書記局長が会見

(写真)自由報道協会主催の記者会見で政策を述べる市田忠義書記局長=3日、東京都千代田区
(写真)自由報道協会主催の記者会見で政策を述べる市田忠義書記局長=3日、東京都千代田区
 日本共産党の市田忠義書記局長は3日、自由報道協会主催の記者会見に応じ、ゆきづまった自民党型政治を変える党の「改革ビジョン」を語った上で多彩な質問に答えました。

 「被災地に行くと共産党議員が活躍されているのを目にします」と述べた記者は「東京では震災の記憶が薄れていないか」と質問。

 市田氏は、原発事故の被害は時間的にも空間的にも無制限であり、「みずからの問題ととらえて真の連帯の立場でがんばる必要があります」と述べ、二度と原発事故を起こさないためには「即時ゼロ」こそが責任ある政策だと強調しました。

 また、共産党が呼びかけた被災地ボランティアにこれまでにのべ3万人が参加し、救援募金が10億円集まったことを紹介。避難の誘導をして津波にのみ込まれ犠牲となった党地方議員がいたことも紹介し、「国民の苦難軽減が立党の精神です。『苦難あるところに共産党あり』の立場でこれからも被災地とともにがんばります」と市田氏は表明しました。

 「大企業の内部留保をどのように社会に還元するのか」と問われ、市田氏は最低賃金引き上げや非正規社員の正社員化、大企業と中小企業の公正な取引ルールの確立などで、内部留保を社会に還元すると説明。かつてソニーの盛田昭夫会長が、一社だけでは競争に負けるため“社会的ルールを作ってほしい。そうでなければ暮らしも経営も成り立たない”と述べていたことも紹介し、「ルールある経済社会をつくることで、内部留保を還流させるのが私たちの考えです」と述べました。

 「アメリカ、ヨーロッパでは富裕者が『おれたちから金をとれ』といっていますが」との質問が出て、市田氏は、消費税増税とともに所得税の最高税率を上げる案があったにもかかわらず、これを民自公3党が「富裕層が海外に逃げていくからやめる」と中止したことを紹介。「外国に逃げて行くような愛国心のひとかけらもない人を守り、逃げられない庶民に増税をかぶせる。こんな理不尽な政治であっていいのか」と強調しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。