Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年12月3日 定例記者会見
■道路行政の転換が必要
トンネル事故で市田氏

 3日の記者会見で日本共産党の市田忠義書記局長は、中央自動車道・笹子トンネル崩落事故について、「亡くなられた方に心からお悔やみを申し上げ、けがをされた方にお見舞いを申し上げます」と述べ、「徹底的な原因究明が必要だ」と強調しました。

 市田氏は、点検が高速道路会社の内部規定に任され、検査は目視だったと報道されていることにふれ、「検査結果を公的機関に報告する義務もない。アメリカでは検査が法的に義務付けられている。こういう点での国の責任も問われる」と指摘しました。

 さらに、「歴代政府は新しい高速道路の建設には熱心だが、老朽化した道路、トンネル、橋りょうへの対策をなおざりにしてきた。そういう道路政策に問題がある」と批判しました。

 日本共産党の穀田恵二衆院議員が3月1日の予算委員会で、「新規から『維持、管理、更新』に事業の力点を移し、大型開発事業から地域密着型の公共事業に切り替えるべきだ」と主張していたことも紹介し、道路行政の転換が必要だと強調しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。