Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年11月19日 定例記者会見
■14党あっても対決軸は一つ
市田氏「自民型 VS. 共産」

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=19日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=19日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は19日の記者会見で、「多党乱立」といわれる総選挙でどうやって党を押し出していくかについて問われ、「『アメリカいいなり・財界中心』という60年続いた自民党型政治を引き継ぐのか、断ち切るのかが問われる。現在14党あるが、日本共産党対自民党型政治の対決だ」とのべました。

 市田氏は、消費税増税や原発推進を求めているのは財界・大企業であり、環太平洋連携協定(TPP)や米軍機オスプレイ、米軍基地問題の背後にあるのはアメリカ・日米安保条約だと指摘。この二つの害悪にメスを入れられるかどうかが問われると強調しました。

 さらに市田氏は「政党のあり方が鋭く問われる」とのべ、綱領もなかったり、離合集散を繰り返すような政党とは違って、日本共産党が、国民の利益を守ってきた1世紀近い歴史と伝統を持ち、日本の政治を国民本位に転換する綱領とそれを具体化した各分野の改革ビジョンを持っていることを示し、政党らしい政党が日本共産党だと強調しました。

 さらに市田氏は、日本共産党の小選挙区候補者が290人(18日)にのぼり、政党のなかで最多となっていることを紹介。「60年間続いてきた古い自民党型政治にさよならを告げて、新しい政治を打ち立てる方向性を示しているのは日本共産党しかありません。日本の政治をむしばんできた『アメリカいいなり・財界中心の政治』にメスを入れる姿勢も立場もない党では、解決の道を見いだせない。意気高く頑張りたい」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。