Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年8月27日 定例記者会見
■大義ない党利党略 自公の問責案
市田書記局長が批判

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=27日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=27日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は27日、国会内で記者会見し、自民・公明両党が29日にも野田首相問責決議案を参院に提出しようとしていることについて、「民自公3党の談合で消費税増税を決めておきながら、解散の約束をとりつけるために談合の仲間に問責を出すというのは、茶番以外のなにものでもない。大義のない党利党略そのものだ」と批判しました。

 市田氏は日本共産党など7党・会派が消費税増税に反対する一点ですでに問責決議案を出していると述べ、「7党の決議案を本会議にかけて採決すべきだ。それを棚上げして、増税法案を成立させたあと『自分たちの決議案に乗ってくれ』というのは虫がよすぎる」と指摘しました。

 市田氏は、日本共産党が先に、野田内閣不信任決議案を共同で提出したことにふれ、「増税や原発再稼働など野田内閣は信任できない内閣であり、首相が問責に値するということはいささかも変わらないが、自民党などの動きはあまりにも党利党略すぎる」と重ねて強調しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。