Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年7月23日 定例記者会見
■オスプレイ陸揚げ強行は許せない
市田書記局長が会見

 日本共産党の市田忠義書記局長は23日、国会内で記者会見し、米軍が垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを米軍岩国基地(山口県)に陸揚げしたことについて、「地元自治体をはじめ、全国に広がる反対の声を無視して陸揚げを強行したことは絶対に許せない」と表明しました。

 市田氏は、山口県知事、岩国市長と市議会が陸揚げに反対し、沖縄でも県と全市町村の首長と議会が反対、全国知事会も受け入れ反対の緊急決議を採択していることをあげ、陸揚げ強行に「強く抗議する」と述べました。

 市田氏は、同機の10月からの本格運用について森本敏防衛相が「日米間ですり合わせており、変更する考えはない」と述べたことにふれ、「アメリカいいなりの配備強行は許されない」と強調しました。

 「(日本政府が)どうしろ、こうしろという話ではない」との野田佳彦首相の発言について、「主権を放棄した事実上の属国宣言だ。どこの国の首相か」と批判。「陸揚げが始まりほっとしている」との森本防衛相の発言についても、「どこの国の防衛大臣かといわざるをえない」と断じました。

 市田氏は、市街地で300メートル以下の飛行を禁じる航空法の適用を除外し、地上60メートルで低空飛行訓練を行う計画に触れ、「『日米安保上の権利だ』というが、そうなれば日米安保条約の是非が問われてくる」と強調しました。

 市田氏は、オスプレイを運用する海兵隊自体が日本防衛とはまったく関係のない他国への殴りこみ部隊であり、安保条約下でも許されないものだが、安保条約をなくすことが米軍基地強化やオスプレイ配備を許さない確かな道だと強調。「安保条約をなくしたらどういう展望が開けるかを示したわが党の外交ビジョンを国民の中に広げ、本当の独立国といえる、憲法9条が輝く日本にしていくために全力をあげる」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。