Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年6月25日 定例記者会見
■ 3党合意関連法案採決許さず世論と論戦で包囲し阻止を
市田氏会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=25日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=25日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は25日、国会内で記者会見し、民主、自民、公明の3党合意による消費税大増税と社会保障大改悪の関連法案を、26日に衆院特別委員会と衆院本会議で採決することを3党が決めたことについて、「やり方も法案の中身もこれほどひどいものはない。国会論戦と世論で包囲し、阻止するためにがんばりたい」と述べました。

 市田氏は、3党合意について「密室で談合し、3党さえ合意すれば国会はいらないと宣言するに等しいファッショ的なやり方だ」と厳しく批判しました。

 修正された消費税増税法案について「わずかばかりだった富裕層の所得税や相続税の課税強化は取り払われ、消費税増税10%だけが残った」と指摘。また新たに出された「社会保障制度改革推進法案」は、「『自立』『自助』が基本で社会保障に公費を出すことをできるだけやめることを狙うもので、生存権の保障を国に義務付けた憲法25条に反する重大な法案だ」と強調しました。

 市田氏は、これらの悪法を「ほとんど審議なしで採決するというやり方は言語道断、許すことはできない」と主張。その上で、国民の6割が増税に反対し、3党合意についても厳しい批判の声があがっていることを示し、「国会で多数の力で押し通そうとしても、国民のなかに押し通すことはできない」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。