Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年5月28日 定例記者会見
■ 国会の異常事態打開を
市田書記局長が表明

 日本共産党の市田忠義書記局長は28日の記者会見で、国会が衆院税・社会保障特別委員会をのぞいて事実上、止まっていることについて、「国会が機能を果たしていない異常な事態だ。打開をはかるよう各党に働きかけていきたい」とのべました。

 市田氏は、自衛隊による環太平洋合同演習(リムパック)での米豪両軍との攻撃訓練、新潟県南魚沼市のトンネル爆発事故、高速ツアーバス事故、原子力委員会の秘密会合問題など重要問題が山積していると指摘。「委員会を開いてきちんと議論し、国会としての機能と役割を発揮しなければ、国会としての責任が果たせない」とのべました。

 その上で、一番の原因は、問責が可決された防衛、国土交通の2大臣の交代を拒んでいる政府・与党の態度にあるが、それを理由に審議に応じない自民党の態度も問題だと指摘。「事実上止まっている事態を打開しなければならない。国民も納得しない」とのべ、穀田恵二国対委員長が各党の国対委員長に働きかけるなど事態打開に向けて努力していく考えを表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。