Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年4月16日 定例記者会見
■再稼働ありきは破たん
大飯原発問題 市田氏が指摘

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=16日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=16日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は16日の記者会見で、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題について、「国民と周辺自治体の不信と反発が強まっている。“再稼働先にありき”のやり方は破たんしている」と強調しました。

 市田氏は「(再稼働に関する)政府の『新基準』は小手先の取り繕い策に加えて今後の計画を出せばそれでよしという“再稼働ありき”の代物で、地元の理解は絶対に得られない」と指摘。福島県の佐藤雄平知事が「じくじたる思い」と批判の声を上げ、大飯原発30キロ圏内の自治体の8割が慎重な姿勢を示し、世論調査で55%が反対していることをあげ、「再稼働押し付けは絶対にやるべきではない」と述べました。

 市田氏は、「ストレステスト(耐性試験)が信頼されないと場当たり的に『新基準』を設け、それも信頼されないと『電力不足になる』と脅しをかける」というやり方が破たんを来していると指摘。「『電力不足』は一方的な主張にすぎない。明確な根拠を明らかにし、電力会社間の融通など真剣な対策を打つべきだ」と批判しました。

 市田氏は、「引き続き重要な電源として原発を活用する」との枝野幸男経済産業相の発言について「事故への反省もなく国民の不安に応えようともしないもので、野田内閣の姿勢が問われる重大な発言だ」と強調。「原発ゼロの日本」への国民的合意をつくるために力を尽くす決意を表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。