Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2012年2月27日 定例記者会見
■訪問相手を間違えている
首相訪沖 市田書記局長が批判

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=27日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=27日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は27日、野田佳彦首相が沖縄県を訪問して仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間基地の辺野古「移設」を改めて求めたことについて記者団に問われ、「訪問する相手と内容が間違っている。アメリカに対して本腰を入れて普天間基地の無条件撤去を要求することが政府のやるべき仕事だ」と強調しました。

 市田氏は「いくら『おわび』をいっても問題の解決にはならない。『普天間基地撤去』『新基地建設反対』が立場の違いを超えてオール沖縄の揺るがない総意になっている。この沖縄県民の総意をしっかり受け止めて、移設条件付きでなく、普天間基地の無条件撤去をアメリカに要求する立場に立つ以外に解決の道はない」と述べました。

 また、「“米軍基地は『抑止力』を維持するために必要だ”という呪縛から脱することが必要だ。米軍は日本の防衛のためにいるのではなく、アメリカの世界戦略のための前進基地となっているのが実態だ。在日米軍は抑止力どころか、むしろ日本の平和と安全にとって危険な存在だ。そこの認識を改めるべきだ」と指摘しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。