Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2011年11月14日 定例記者会見
■震災対応やTPP反対に
県民の信頼受けた
宮城県議選 市田氏会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=14日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=14日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は14日、国会内で記者会見し、宮城県議選で日本共産党が2議席から4議席へ倍増させたことについて、「震災や原発事故への対応、環太平洋連携協定(TPP)の問題を通じ、県民の信頼が日本共産党に寄せられた結果だと思う」と述べました。

 市田氏は、仙台市で2議席を維持、定数2の塩釜選挙区で12年ぶりに勝利し、石巻・牡鹿区では初めて議席を獲得、県全体でも得票率を大きく伸ばしたことを紹介。一方で、民主、自民がともに議席を減らしたことにふれ、「震災や原発事故対応、TPPなど民主党政権に対する批判、それにまともに論戦ができなかった自民党への批判が表れたものだ」と指摘しました。

 市田氏は、日本共産党は、漁港を集約化する復興特区構想や、仮設住宅建設やがれき撤去などを大企業に一括発注するやり方を批判し、被災者の立場にたって暮らしと生業、再建を進めることや、「原発ゼロ」を訴えたことが多くの有権者から信頼を受けたと強調。「来週実施される福島県議選でもやるべきことをやりぬき良い結果となるよう頑張りたい」と語りました。

 市田氏は、同日実施の長野県南牧村で日本共産党員である現職の菊池幸彦候補が勝利したことについても、共産党員の村長として2期目に臨むことになった意義は大きいと述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。