Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2011年5月24日 定例記者会見
■「安全神話」との決別を
海水注入一時中断 会見で市田氏強調

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=23日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=23日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は23日の記者会見で、政府・東電が福島第1原発1号機への海水注入を約1時間中断(3月12日)した問題について記者団から問われ、「根本には、『日本の原発では絶対に過酷事故は起こらない』という『安全神話』に寄りかかり、事故が起きた場合の対応について全く無策だったことに最大の問題がある。今回の事態は、そのもとで起きた混乱であり、『安全神話』からの決別こそ求められる」と強調しました。

 市田氏は「原発事故が起こって以降、政府・東電の対応などにさまざまな混乱や問題があったことは事実で、それらについては検証していくべきだが、根本にあるのは歴代自公政権と菅内閣が『日本の原発は安全だ』『過酷事故は起きない』という『安全神話』にとりつかれていたことだ」と指摘しました。

 市田氏は、同日の衆院復興特別委員会で高橋ちづ子衆院議員が原発からの撤退を決断し、原発ゼロへの期限を決めたプログラムを示すように求めた質問に対する菅直人首相の答弁について、「原発を白紙から見直すと言いながら、原発からの撤退や縮小という言葉すらなかったのは問題だ。国会の論戦と同時に住民運動、国民運動で原発からの撤退に追い込んでいくことが非常に大事だ」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。