Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2011年5月16日 定例記者会見
■今国会に提出し議論を
第2次補正 市田書記局長が強調

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=16日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=16日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は16日の記者会見で、菅直人首相が同日の衆院予算委員会で、第2次補正予算案の編成が8月以降になると答弁したことについて記者団から問われ、「論外だ。今国会中に提出して議論すべきだ」と主張しました。

 市田氏は、「被災3県を視察したが、第1次補正だけではカバーできない緊急のさまざまな対策の予算措置が必要だ」と指摘。第1次補正では、がれきの処理などについて一定のものが盛り込まれたものの、「マイナスからの出発ではなく、せめてゼロからのスタートを」との声があがっている「二重債務の解消」をはじめ、農業・漁業、中小商工業者に対する支援策や首相が引き上げを表明した住宅再建支援金の増額についても盛り込まれておらず、第1次補正では全く足らないと強調。第2次補正予算成立を秋に先送りするような菅首相の悠長な姿勢は、「いまの事態の深刻さを理解していない」と批判しました。

 その上で、被災地の意見を聞くことは「もちろん大事だが、そのことと(第2次補正予算案提出を)緊急にやることとは矛盾しない」と指摘。被災自治体・住民の意見をよく聞いて、さらに必要があれば第3次補正予算案を考えることも十分できると述べ、「第2次補正は急いでやるべきだ」と重ねて求めました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。