Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2010年9月13日 定例記者会見
■ この間の地方選挙の結果について

市田
 昨日、沖縄でいっせい地方選挙が行われました。

 一番注目されていたのは、新基地の建設をめぐって激しくたたかわれた名護の市会議員選挙です。

 日本共産党公認の具志堅徹候補は11期目の当選を第9位で果たしましたが、沖縄の歴史の中で11期目というのは初めてだそうです。

 何よりも特徴的なのは、新基地建設に反対する立場に立っている議員が、過半数の16議席を占めたということです。

 直接的に基地問題、それを認めるのかどうかが大きな争点としてたたかわれた市会議員選挙で、「新基地の建設ノー」の立場を取っている稲嶺市長の立場と同じ立場に立つ議員が多数を占めたことは、大変重い意味を持っていると思います。

 今日、仙石官房長官が「民意の一つとして重く受けとめる」と言いましたし、防衛大臣も「これは民意の一つだ」と述べました。

 しかし、引き続き基地の受け入れを説得していくという立場に変わりはありません。

 説得するというのは、結局、基地を押しつけるという立場に変更はないということです。

 これは選挙で示された民意に背く立場であり、いまこそ、その民意をしっかり受けとめて、本腰を据えてアメリカ側と交渉すべきだというのが、わが党の態度であります。

 それから、これはあまり一般の新聞では大きく書かれていませんが、昨日、高知の香美市というところで、市会議員選挙がありました。

 定数が前回より3議席減った定数22名の選挙でしたが、わが党が5議席を獲得し、非常に高い議席占有率になりました。

 参議院選挙では残念な結果になりましたが、性格は違う選挙ですけれども、その後の地方選挙で各地で頑張って新しい前進を目指そうという動きが始まっていることは、大変うれしいことです。

 これから大事な地方選挙がずっと続きますし、来年はいっせい地方選挙ですから、大いに前進できるように奮闘したいと思います。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。