Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2010年4月19日 定例記者会見
■普天間基地
無条件撤去しかない
市田氏 徳之島集会は“画期的”

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=19日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=19日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は19日、国会内で記者会見し、18日に開かれた鹿児島県徳之島の「米軍基地移設反対集会」について、「画期的な意義をもつ集会だった」「米軍普天間基地問題では無条件撤去しかないことがいよいよ明らかになった」と表明しました。

 市田氏は、島民の約6割にあたる1万5千人が参加したことについて、「東京で言えば720万人が参加したことになる。それだけ怒りが満ち満ちているということだ。われわれは、普天間の苦しみは全国どこへ移しても同じだといい続けてきたが、それが島民の意思として示された意義は非常に大きい」と述べました。

 市田氏は、徳之島には、かつて旧日本陸軍の飛行場があり、特攻隊の中継基地になっていたこと、戦後8年間にわたって米軍占領下におかれていたことをあげ、「そこに殴り込み部隊の訓練場をつくるということになれば、政治的立場を超えて怒りが起こるのは当然だ」と指摘しました。

 また市田氏は、島が賛否で二分される危ぐがあるのではないかという質問に、「普天間の(海兵隊)訓練機能を徳之島にもってくるなどといって“対立”をつくろうとしているのは誰かといいたい。にもかかわらず、昨日の集会では多くの人が思いを一つに集ったのではないか」と強調しました。

 そのうえで市田氏は、25日に沖縄で10万人の参加を目標に開かれる県民大会(会場・読谷村運動広場)に、自身も参加すると述べ、「いよいよ沖縄と本土が連帯して、無条件撤去を求め、たたかいを強めていく時だ」と強調しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。