Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2010年3月8日 定例記者会見
■ 県民・市民の意思裏切る
官房長官の「名護決議」発言批判
市田書記局長が会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=8日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=8日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は8日、国会内で記者会見し、平野博文官房長官が同日、沖縄県名護市議会が可決した意見書、決議について、「決議があっても決議を超えてやっていただかなければならない場合はある」などと述べたことについて、「(米軍普天間基地の)県内『移設』はありうるということを公然と語ったものだ。先に県民や名護市民の意思を『斟酌(しんしゃく)する理由がない』といったが、その立場が変わっていないことの表れだ」と批判しました。

 市田氏は、名護市議会が意見書、決議で反対を全会一致で表明した同市米海兵隊キャンプ・シュワブへの普天間基地「移設」について、県民や名護市民の意思を裏切るものであり、「移設」条件付きの「返還」では問題の解決にはならないと強調。同基地の無条件閉鎖・撤去がいよいよ重要になっていると述べ、「日本政府がアメリカ政府の意思を尊重するのか、国民、県民の立場に立つのかが、厳しく問われている」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。