Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
密室談合に抗議
市田書記局長が会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=30日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=30日、国会内

 日本共産党の市田忠義書記局長は三十日の記者会見で、福田康夫首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表の党首会談について、密室談合だといわざるをえないと厳しく批判し、抗議を表明しました。

 市田氏は、二党だけの党首会談のために衆院テロ特別委員会の野党の質疑が二時間も割かれたことについて、「国会運営のあり方、議会制民主主義のあり方からいって、きわめて重大だ」と指摘。小沢氏自身が、密室での話し合いではなく、国会の論議をと主張していたことも示し、「国民の前で堂々と、テロ新法についてそれぞれの政党が何を考え、どういう意見を持っているかということを示し、国民に判断をしてもらうというのが民主主義のあり方だ」とのべました。

 さらに市田氏は、三十一日に予定されていた福田首相と小沢代表による国会での党首討論までもが中止されることについても、自民・民主の二党だけの都合による国会運営だと強く批判。小沢氏が会談後の会見で、事前に明らかにしたのだから密室ではないとのべたことについても、「どういう話し合いがおこなわれたのかというのは、国民の前には明らかにされていない。こういうのを世間では、密室という」と強調しました。

 市田氏は、七年間書記局長として毎回党首会談に同席したが、自民と民主だけの党首会談というのはこれまで一度もなく、二党間の場合も、自民と民主だけではなく、他の各党の党首とも会談がおこなわれてきたと指摘しました。

 会見で市田氏は、自民、民主両党から二十九日夜、穀田恵二国対委員長にたいし同会談について通告があったさい、党首会談を開催するなら全会派参加のもとにおこなうべきだとの態度を両党に伝えたことを明らかにしました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。