Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2007年10月22日 定例記者会見
■ 軍需産業をめぐる「政・軍・財」の癒着問題について

 守屋前防衛事務次官のゴルフ接待など軍需産業をめぐる政官財の癒着問題について、党の見解を改めて述べます。防衛省は次期の輸送機であるCX、このエンジンをゼネラル・エレクトリック(GE)社から購入する際に、「守屋氏が接待を受けていた業者を輸入代理店に推した」という報道がされています。一部報道によれば、この接待の場所にはGEの関係者も同席していたこともあると言われています。「様々な接待の見返りに防衛政策を歪める」と報道されていますが、それが事実なら絶対許すことができない、由々しき重大な疑惑であって、守屋前事務次官の証人喚問も当然であり、この疑惑を徹底的に追及する必要があると思います。党としては、軍需産業めぐる政官財の癒着の構造全体に徹底的にメスを入れることが必要だと考えます。

 自民党との関係では、自衛隊の装備、弾薬、燃料などを受注している軍需企業が自民党におこなった献金、これは防衛省との契約額上位15社の合計だけでも、1億8690万円という金額で、15社の契約額の合計は9076億円です。
また、報道によれば、守屋氏の娘さんのアメリカの大学入学にも便宜をはかったと報道されています。日本の防衛政策の中心を担ってきた人物が、そういう業者、防衛産業との癒着によって、防衛政策を歪めていた疑いがもたれている訳ですから、徹底的な究明、解明が必要だと思います。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。