Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2007年10月15日 定例記者会見
■ 沖縄戦の歴史教科書問題について

 教科書問題で私たちがポイントだと思っているのは、日本軍の強制・命令・誘導なしに沖縄での「集団自決」が起こりえなかったことはもう歴史の事実だと思うんですが、問題は政府がとっている態度ですね。「沖縄県民の気持ちを重く受けとめる」ということを首相は言うんですが、じゃ政府としてどうするかということについては、「国が検定に介入することは出来ない、制度上そうなっているんだ」と。こういう言い方で逃げようというのが、今の政府の態度だと思うんです。
 
 それに対して沖縄出身の赤嶺政賢議員が、動かしがたい証拠を突きつけて、あれは政府・文部科学省の自作自演だ。歴史の書き換えそれ自身が政府の介入で行われたと追及した。ご存知のように文部科学省の調査官というのは、常勤の文部科学省の職員ですね。この調査官が専門家の意見を聞いて、いわゆる白表紙の本に意見を付けるわけですね。その時に専門家からはいっさい意見がなかったのに、調査官の個人の意見を付けて審議会にはかった。ところが審議会ではまったく「集団自決」についての議論はなされなかったということを質疑のなかで政府も認めました。審議会のメンバーのなかに沖縄戦の専門家はいたのかという質問にも、それはいなかったとこたえました。
 すなわち、文部科学省の職員である調査官が自分の意見、自分の意見と言っても、これは戦後レジームからの脱却を唱えた安倍政権以来の考え方だと思うんですが、そういう意見をこの20年間一度も意見が付かなかったのに、わざわざ意見を付して、ほとんどセレモニーのような審議会の審議を経て、まともな議論はされずに教科書が書き換えられた。
 
 「国の介入はよくないんだ」と言っているが、実は国の介入によって教科書が書き換えられたというところに本質があります。その検定意見の撤回と記述の回復を行うべきだという県民の要求に政府が応えるべきだということを事実を突きつけて追及した。調査官の意見についての決裁文書があるんですけれども、あれには局長以下7人の文部科学省の幹部の印鑑が押されている。「調査原議書」を突きつけて迫った。これは否定出来ない文書だったわけです。

 今日、沖縄から要請団が上京されています。夜は星陵会館で集会があります。今後の沖縄県民のたたかいを励ます積極的な質問だったと思っています。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。