Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2016年5月18日(水)

再生エネへ転換不可欠

温暖化対策 参考人に市田氏

参院環境委


写真

(写真)参考人に質問する市田忠義議員=17日、参院環境委

 参院環境委員会は17日、地球温暖化対策推進法改定案について参考人質疑を行いました。

 地球温暖化防止の取り組みを進める「地球環境市民会議」(CASA)の上園昌武理事(島根大学法文学部教授)は、日本の温室効果ガス排出削減目標を、「パリ協定」で合意された「今世紀末までに実質ゼロ」を踏まえて「1990年比で18%減から、少なくとも40%削減以上に引き上げるべきだ」と主張。政府のエネルギー政策が、原発の原則40年稼働を延長して60年を前提とし、石炭火力発電所の新増設や輸出に固執していることを批判しました。

 CASAの試算では「脱原発・脱化石燃料を進めながら、省エネと(再生可能エネルギーへの)エネルギーシフトで30年のエネルギー起源CO2排出40%削減は十分に実現可能だ」とのべました。

 質問で日本共産党の市田忠義議員は、国全体のエネルギー消費量の8割が企業活動由来で、改定案が家庭に4割削減を求めていることには限界があり、「再生可能エネルギー由来の電力に大きく転換する取り組みが不可欠ではないか」と意見を求めました。

 上園氏は「個人の努力だけでなく、設備投資というかたちでエネルギーの消費が大きく減るような仕組みをつくっていかなければならない」「省エネと再エネをどう組み合わせていくのかが今後の方向性として非常に重要だ」と答えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。